シルビトラまとめ

シルビトラまとめ   >  EDの診察

EDの診察

診察

EDの診察はどのような感じで行われるのでしょうか。恥かしさのせいでEDだけど診察に行けないなんて男性もいるかもしれません。どのように診察が行われるのかを説明していきます。

まず医者はあなたに様々な質問を問いかけるでしょう。症状や病気の経歴などです。例えば、アレルギーや持病、ED治療薬の有無や血圧などです。もしあなたのEDの原因がより潜在的な部分にあった場合は、様々なテストを受けるかもしれません。簡単な身体検査です。心臓や肺の音を聞いたり、血圧を測ったり、睾丸や陰茎を検査するでしょう。また、前立腺を調べるために直腸検査を薦められる場合もあります。加えて、血液検査や尿検査をする必要もあるかもしれません。

簡単なセルフチャックをすることもできます。国際勃起機能スコアというものがあり、それを使ってEDの評価を行う事ができます。IIEF-5とも言われているこのテストはインターネットで検索すればすぐ手てくるのでぜひチャックしてみてください。

他にも勃起硬度測定評価というものもあります。勃起時の陰茎の硬度を計る者ですが、4つのグレードに分かれます。グレード1はこんにゃくです。陰茎は大きくなるが硬くならないと言う状態を指します。グレード2はミカンです。硬くはなるが挿入に十分でない状態を指します。グレード3はグレープフルーツです。挿入できる硬さはあるが完全に硬くはない状態です。そしてグレード4はリンゴ。完全に硬く硬直している状態を指します。個のうちグレード2以下はED,グレード3はED予備軍と言う事になります。

あなたの硬度はいかがだったでしょうか。日本人の5人に1人はEDであると言われているこの時代、測定をしてドキッとした方はおられるのではないでしょうか。