シルビトラまとめ

シルビトラまとめ   >  勃起の仕組み

勃起の仕組み

勃起

勃起の仕組みを皆さんはご存知でしょうか。大きくなったり小さくなったり、硬くなったり柔らかくなったり、不思議な存在ですよね。。ED治療薬のことをしっかりと理解することは必要ですが、まずはバイアグラの仕組みをきちんと理解しましょう。

男性は十分な性的刺激を受けた時、体は陰茎に一酸化窒素という成分を放出します。一酸化窒素はグアニル酸シクラーゼとくっつきcGMPを増やします。cGMPは血を海綿体に入れる役割を果たしているので、このcGMPが沢山あれば勃起ができると言うわけです。

しかし、cGMPには天敵がいるのです。それがPDE5。このPDE5という酵素はなんとcGMPを分解することで勃起を抑えてしまいます。このPDE5と言う酵素こそ勃起を不可能にしてしまっている犯人なのです。ここでシルビトラの出番が出ます。シルビトラはPDE5の活動を抑えcGMPの量を増やします。ED治療薬でこのPDE5という酵素のお話は欠かせないものです。

では、性的刺激とは何でしょう。性的刺激には2種類あります。1つは心理的な刺激に寄って起こる勃起。女性の裸を見たりエッチな事を想像すると性中枢に伝わり、勃起する一連の流れが起きます。もう1つのタイプは物理的刺激によって起こる勃起です。陰茎を刺激すると、脊髄にある勃起中枢が刺激され、一連の流れが起き勃起します。

欲勘違いをする人が多いのですが、勃起は筋肉ではなく血液の圧力によるものです。また、性的刺激に加えて、リラックスしていて副交感神経が優位な時に勃起は起こりやすいものです。疲れている時に興奮しているわけでもないのに勃起すると言う経験はないでしょうか。こういう勃起は副交感神経が有利になってしまっているので血管が拡張し、勃起しやすくなるため起こります。ストレスは交感神経を優位にしてしまうので、勃起しにくくしてしまいます。このように勃起の仕組みをきちんと理解していれば、EDの治療にきっと役に立つはずですよ。